京つう

  アウトドア  |  海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年03月08日

ブルーポピーをみる高山植物トレッキング

ヒマラヤ高山植物トレッキングにご興味の方へ

ここ最近多くの方よりお問い合わせ、ご質問を頂き
誠にありがとうございます。

多くの方がご質問される、天気のこと、お花のこと等について
書かせていただきますので、参考になさってください。

●天候について

この時期の天候ですが・・・雨が降ります。
ただし、お昼前後~夕方まで降り、その後一旦上がり、
再び夜半まで降ることが多いです。
一日中シトシトと降ることもあります。
また朝から太陽が燦々と降り注ぐ日もあります。


トレッキング中盤から標高4000mを越える場所を歩きます。
その為、雲の上を歩く高度になりますので・・・
標高の低い場所ほど降り易い傾向ではないでしょうか。


このような天気ですので、秋のように山が見えないこともあります。
晴れれば・・・こんな写真が撮影できます。




夕暮れのヒマラヤ

●お花について

天候に大きく左右されるお花達です。
その為、2週間前後お花の開花ずれることを
想定してトレッキングされることをお勧めします。

なお、ランタンエリアに限ってですが・・・
400種を越えるお花に出会ってきました。



トレッキングルート上を歩いているだけでなく、
思いっ切ってルートを外れて歩かれると
300種を越えるお花に出会うことができるでしょう。



虫眼鏡をお持ちになって花の中を覗いて見るのも
また楽しいものです~。

●ヒルについて・・・

よく質問されるのですが・・
私の経験上、トレッキング中、ヒルに合ったことが殆どありません。
たぶん、歩くルートによってだと思いますが・・・

日本同様に家畜によってヒルが運ばれます。
家畜が放牧されていないルートを歩かれることで
ヒル対策が大幅に軽減できると思います。


高山植物トレッキングについては
どうぞ遠慮なくお尋ねください。  こちら



◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

300種を超える可憐な妖精の写真集  こちら

高山植物トレッキング 感想  こちら

高山植物DVD 予約  こちら

このブログ内で日程等の資料は公開していません。
お問い合わせを頂いた方だけにお伝えしています。

お問い合わせは  こちら

詳しい資料ご用意しております。
ご質問にじっくりとお答えできる時間が必要ですので、4月末までにお願いします。

ヒマラヤ高山植物DVD 



ブルーポピートレッキングの様子


◆ 高山植物が咲き乱れる夏のランタン谷

【備考】-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆

7月前半は『 薬草採りが見つけた秘密の花園 』 があるトレッキングをお勧めします。



ヒマラヤトレッキング専門 サパナ  WEBこちら   


Posted by メタボ at 14:27Comments(0)トレッキング情報

2013年03月07日

オレンジ色をした珍しいフクジュソウ

フクジュソウの花ご存知ですか? (ゲストからの寄稿文)

先日、私の花の師匠が珍しい色をしたフクジュソウの花を
楽しまれてきました。

その時撮影された写真をご紹介したいと思います。
初春に咲くキンポウゲ科の花で・・・
元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名があります。

黄色い花を咲かせるのですが・・・
今回送っていただいた花の色が、オレンジ色に近いのです。







ほんとでしょ!

通常はこのような色をしているんです。





オレンジ色をしたフクジュソウは・・・
埼玉県のとある場所で見られてきたそうです。
機会があれば、私も写真に収めてみたいです。


(鈴木 様)

◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●

★ ヒマラヤ講座 日程  こちら

★ サパナ Face Book  こちら

日本人ガイドが日本より同行
ゲストのご不安事(高山病・食事・言葉等)を解消しながら
トレッキングツアーを行っています。


ヒマラヤトレッキング専門 サパナ


10分で分かる・・・サパナのトレッキング映像


◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●  


Posted by メタボ at 10:24Comments(0)お客様から・・・

2013年03月03日

綿向山の霧氷

2月28日に撮影された霧氷の写真が届きました!

このブログで、何度かご紹介させていただいている
綿向山(滋賀県・日野)の霧氷ですが、先日青空の中に
霧氷がキラキラと輝いているのが撮影されましたので、ご紹介いたします。







空気中の水分がブナの枝に付き、
寒さによって氷となってそれが成長してできる霧氷。

今回撮影された前日に雨が降り、
今まで付いていた霧氷が全て消え去り
新たに形成された、ホヤホヤの霧氷です。

今週末で今年の霧氷は見納めになりそうです。
まだの方は急いで足を運んでください。


(撮影:竹村 様)

◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●

★ ヒマラヤ講座 日程  こちら

★ サパナ Face Book  こちら

日本人ガイドが日本より同行
ゲストのご不安事(高山病・食事・言葉等)を解消しながら
トレッキングツアーを行っています。


ヒマラヤトレッキング専門 サパナ


10分で分かる・・・サパナのトレッキング映像


◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●◆●  


Posted by メタボ at 11:37Comments(0)お客様から・・・