京つう

  アウトドア  |  海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年12月29日

標高5100mの展望地

 ヒマラヤのもっと近くへ・・・

 ゴーキョピークより更に景色の勝る場所へ行ってきました。
 そこは氷河のすぐ傍。

 

 東の空にはエベレストとローツェが聳え、
 そこから氷河が流れてくるように見える場所。

 

 ゴーキョ村を早朝出発!
 ヘッドライトを灯しながらモレーンを越えて
 朝、7時に到着。

 エベレストの背後から登ってくる太陽を見ながら
 目の前に広がる大パノラマを
 参加者と一緒に堪能しました。

 ゴーキョピークからは北側に聳える山々が
 良く見えないが、ここからは遮るものが無いので
 素晴らしい。

 

 是非みんなにも訪れて欲しい場所です。

   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  お知らせ:
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  来年3月にヒマラヤトレッキングツアーを行います。
  旅行期間は9日間  ヒマラヤを見ながらネパールに行けるタイ航空利用

  先着12名様です。
  (下の画像をクリックすると大きく表示されます)

    

 旅行企画・実施
 株式会社 全旅 
 観光庁長官登録旅行業1585号
 東京都中央区銀座1-15-4 銀座1丁目ビル6F


 受託販売
 お問い合わせ先 詳しい資料がありますのでお送りします!
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ 
 電話 077-534-5469
 滋賀県大津市石山寺辺町221-8
 滋賀県知事登録旅行業3-215
  
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ

  


Posted by メタボ at 09:55Comments(0)ゴーキョトレッキング

2010年12月24日

2010 ゴーキョピークに登る

 ゴーキョピークに立つ!

 トレッキングの最終目標である、エベレストの見える丘
 ゴーキョピークに登る・・・

 朝8時にスタート。
 ジグザクな急登を歩幅を小さくして・・・
 ゆっくり登る。

 ゆっくり登っているつもりだが、
 背中に汗を感じてしまう。
 背後にはゴーキョの村が大きく見え、

 


 その後ろにはラクダのコブをした山と
 ローツェが見えてきた。
 
 約3時間かけて5400mのゴーキョピークについた。
 良かった。
 続いてゲストも到着。

 
 
 撮影大会が始まった。
 北に聳えるチョーオーユー
 東にエベレスト・ローツェ・マカルー
 南にタムセルク・カンテガ
 西にロールワリンの峰々・・・

 ここにはカラパタールに勝る360度の絶景があるのだ! 
 

 毎年、この時期に訪れるのだが・・・
 眼下に流れる氷河の中に氷河湖が増え、
 大きくなっているのがとても気になる。 
 
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  お知らせ:
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  来年3月にヒマラヤトレッキングツアーを行います。
  旅行期間は9日間  ヒマラヤを見ながらネパールに行けるタイ航空利用

  先着12名様です。
  (下の画像をクリックすると大きく表示されます)

    

 旅行企画・実施
 株式会社 全旅 
 観光庁長官登録旅行業1585号
 東京都中央区銀座1-15-4 銀座1丁目ビル6F


 受託販売
 お問い合わせ先 詳しい資料がありますのでお送りします!
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ 
 電話 077-534-5469
 滋賀県大津市石山寺辺町221-8
 滋賀県知事登録旅行業3-215
  
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ

  


Posted by メタボ at 09:30Comments(0)ゴーキョトレッキング

2010年12月22日

久々の世界最高峰!

 久しぶりのエベレスト!

 ナムチェバザール(3400m)上部で見た
 最高峰エベレスト・・・

 エベレスト街道をゴーキョ方面に入ると
 しばらくその雄姿は見れなくなってしまう。
 天を突きさす6000m峰が無数に立ちはだかり、
 視界を遮ってしまうからだ。

 最後にエベレストを見た場所から3日歩くと
 マッチェルモ村(4400m)に。

 大きなロッジが8軒程立ち並ぶ村
 早速いつものロッジへ顔を出し、
 オーナー夫妻に挨拶!

 午後から高度順応兼ねて200m程登る。
 酸素は平地の約半分。
 普通に歩くだけでもツライ。

 
 背後はチョーオーユー8201m

 
 背後はチョーオーユー8201m

 
 チョラッツェ(左)タウッツェ 共に6400m

 
 少しずつ見え始めたエベレスト(中央雲の所)

 高度を上げれば上げるほど、エベレストが大きく見えてきた。
 まだまだ登れそう・・・

 でも無理はしない。村から200m登ったところで引き返す。
 下山し、ロッジのダイニングでてゆっくりとお茶を飲みながら体を温め、
 ゲストと一緒に高度順応の秘策を行った。
 
 
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  お知らせ:
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  来年3月にヒマラヤトレッキングツアーを行います。
  旅行期間は9日間  ヒマラヤを見ながらネパールに行けるタイ航空利用

  先着12名様です。
  (下の画像をクリックすると大きく表示されます)

    

 旅行企画・実施
 株式会社 全旅 
 観光庁長官登録旅行業1585号
 東京都中央区銀座1-15-4 銀座1丁目ビル6F


 受託販売
 お問い合わせ先 詳しい資料がありますのでお送りします!
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ 
 電話 077-534-5469
 滋賀県大津市石山寺辺町221-8
 滋賀県知事登録旅行業3-215
  
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ

  


Posted by メタボ at 15:53Comments(0)ゴーキョトレッキング

2010年12月20日

とても美しい彩雲

 紺碧の空に浮かぶ彩雲!

 秋のヒマラヤは・・・
 晴天が続く毎日と言っても良いくらいで、
 全く雲が湧かない日もあります。

 でも時として、ヒマラヤ上空に面白い雲が出現することがあります。

 その一つが彩雲です。

 

 
 
 ※ 各写真共、高月様撮影(エベレスト街道にて)

 山ばかり見ていると気づかないかもしれません。
 
 日本でも稀に見ることができるそうです。・・・WEBで書いてありました。

 とっても綺麗ですよ! 
 雲を見る『ゆとり』大切にしてください。  
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  お知らせ:
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  来年3月にヒマラヤトレッキングツアーを行います。
  旅行期間は9日間  ヒマラヤを見ながらネパールに行けるタイ航空利用

  先着12名様です。
  (下の画像をクリックすると大きく表示されます)

    

 旅行企画・実施
 株式会社 全旅 
 観光庁長官登録旅行業1585号
 東京都中央区銀座1-15-4 銀座1丁目ビル6F


 受託販売
 お問い合わせ先 詳しい資料がありますのでお送りします!
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ 
 電話 077-534-5469
 滋賀県大津市石山寺辺町221-8
 滋賀県知事登録旅行業3-215
  
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ

  


Posted by メタボ at 22:11Comments(0)ゴーキョトレッキング

2010年12月20日

ヒマラヤがもえる・・・

 神々しいヒマラヤの夕方!

 多くの人は朝陽があたるヒマラヤを見ようと・・・
 日の出に合わせて山を登っています。

 あなたはどうですか?

 太陽を拝む習慣があるので、日の出に合わせて登るのだと思うのですが・・・
 是非西の空に沈む太陽を見ながら、
 真っ赤に染まるヒマラヤを楽しんでみてはどうでしょうか?

 今回トレッキング中、何回も素晴らしい夕方の
 ヒマラヤを楽しみました。

 
 タムセルク峰:
 撮影後40分ほどで、太陽は西に沈み・・・・
 静寂に包まれ、ヒマラヤが神々しかった。

 
 カンテガ峰・タムセルク峰:
 陽は西に沈み、ヒマラヤが突き刺す空を赤く染めた
 ヒマラヤが怒っているように思えた。

 外の景色を堪能したら・・・
 薪ストーブが力強く燃えていた。

 ダウンジャケットを脱いで、ゲストと語る贅沢な時間。
 とても素敵な時間を楽しんだ。


 
   
   
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  お知らせ:
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  来年3月にヒマラヤトレッキングツアーを行います。
  旅行期間は9日間  ヒマラヤを見ながらネパールに行けるタイ航空利用

  先着12名様です。
  (下の画像をクリックすると大きく表示されます)

    

 旅行企画・実施
 株式会社 全旅 
 観光庁長官登録旅行業1585号
 東京都中央区銀座1-15-4 銀座1丁目ビル6F


 受託販売
 お問い合わせ先 詳しい資料がありますのでお送りします!
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ 
 電話 077-534-5469
 滋賀県大津市石山寺辺町221-8
 滋賀県知事登録旅行業3-215
  
 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ

  


Posted by メタボ at 09:24Comments(0)ゴーキョトレッキング

2010年12月08日

高度順応でエベレストビューホテルへトレッキング

 夏の再チャレンジ・ゴーキョピーク ②

 朝から絶好のトレッキング日和!
 標高3400mにあるナムチェバザールを出発して・・・
 エベレストビューホテルまで高度順応に出かけた。

 

 自分のペースでゆっくりと高度を稼ぐ!
 そうすると、上手に高度順応ができる。

 もし他人のペースで歩くと・・・
 呼吸が乱れ、高山病で悩まなければならない!

 

 後ろを振り返れば・・・
 クスムカングール峰が雲海の上に聳えていた。
 
 また、他人と同じように休憩をするのでは
 効果的な方法とは言えない!

 人それぞれ個人差があるので
 自分に合わせて行うのが良い。
 同時に、休憩中は思い思い形で過ごす方が
 高度順応する上でとても効果的である。

 

 ヒマラヤの絶景を時間の許す限り、思いっきり楽しむのが
 ヒマラヤ流の歩き方!

 

 目の前の視界が広がった。
 エベレストが顔を出した。
 急ぎ足になるのを堪えて、自分のペースで歩く。

 
 エベレストビューホテルに到着!
 ここで飲むお茶は格別だ。

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  

 日本から日本人ガイドが案内
 食べなれた日本食を頂きながら歩く 

 ヒマラヤトレッキングツアー専門 サパナ


 滋賀県大津市石山寺辺町221-8 (石山寺の西側)
 滋賀県知事登録旅行業3-215

 電話 077-534-5469
 


 
  


Posted by メタボ at 19:46Comments(0)ゴーキョトレッキング

2009年01月09日

ユーチューブの画像でヒマラヤを紹介

ユーチューブという動画を知っていますか?
 
 いつもトレッキングから戻ってきたら、その時撮影した映像を編集して
 記録として残しているんです。

 ユーチューブという・・・ところでトレッキングの映像をインターネット上で
 見れるようにしているんです。

 今回、そのユーチューブで紹介している映像を、このブログに貼れることを知り、
 ドキドキしながら挑戦してみました。

 はじめは、画面が大きくて見やすいと思ったのですが、クオリティーが下がり、
 見づらくなってしまいました。

 いろいろと試行錯誤をしているうちに、画像の質を落とさず見ることができるようになったのですが・・・


 画面が小さくなりました。

 誰か画面を大きくして見ても、画像のクオリティーが良い方法を教えてください!


 こんなに小さいですが、見えるので許して下さい。ガーン

 
  


Posted by メタボ at 10:15Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年12月24日

5400mの頂に立てた! 夢が叶った!

75歳のご婦人も登れましたよ !
              
誰もがあこがれるエベレストの見える丘へ
 
 
 
 年齢・体力よりも行きたいという気持ちがもっと大事!

本日ご紹介する写真は、ゴーキョピークへ 登る!
                       

場所:標高5400m
撮影者:浅原明男
             

エヴェレストを見るためにゴーキョピークへ!:

登頂!今回の最大の目的、全員でゴーキョピークの頂きに立つことであった。

自分のペースでゆっくりゆっくり登り、10時過ぎ全員が登頂できた。
本当に嬉しかった。



東の方角にはエベレスト、ローツェ、マカルーの8000m峰が。
南にはタムセルクやカンテガ、北にはチョーオーユー、ギャチュンカンなどの7,800m峰が連なり、西の空にはロールワリンの山々が続いていた。

晴天の中これらの山々を見れたこと、本当に感謝。

1時間ほどの滞在の後、昼食地ゴーキョ村へ戻った。


ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 



ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 12:59Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年12月20日

エベレストの雄姿・・・

75歳のご婦人も登れましたよ !
              
誰もがあこがれるエベレストの見える丘へ
 
 
 
 年齢・体力よりも行きたいという気持ちがもっと大事!

本日ご紹介する写真は、ゴーキョピークへ 登る!
                       

場所:標高5400m
撮影者:浅原明男
             

エヴェレストを見るためにゴーキョピークへ!:

今回のトレッキングの目的地 ゴーキョピークへ登る。

朝朝食後、防寒とカメラ、水筒を持って出発。
およそ3時間で標高差600mを登る・・・

でも急いで登るよりも、ゆっくりと景色を堪能しながら登りたいので、
今回の参加者にその旨を伝えて、ゆっくり登り始めた。

すでに、頂上から下りてくる人もいた。

10分歩いては休む。時には10歩進んで休む。
そんな歩きがここでは一番大切。
3時間20分ほどで頂上に着いた。

頂上には多くのトレッカーがエベレストをはじめとする、ヒマラヤの景色を堪能していた。
まずは、世界最高峰エベレスト。その横のローツェ、さらに右奥に見えるマカルーの写真を撮った。



今度は眼下に流れるンゴジュンバ氷河の写真を。
氷河の上にタムセルクや、カンテガ、チョラッツェ、タウッツェがタケノコのように鎮座している。



カメラは北に向けると、ギャチュンカン、ゴジュンバカン、チョーオーユーと続く。





さらに西にはチベット国境と接するヒマラヤ、ロールワリンヒマールと
続いている。

まさにここからの展望は360度ヒマラヤに囲まれる、最高な場所。




ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 



ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 10:14Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年12月18日

4700mのゴーキョ村へ

75歳のご婦人も登れましたよ !
              
誰もがあこがれるエベレストの見える丘へ
 
 
 
 年齢・体力よりも行きたいという気持ちがもっと大事!

本日ご紹介する写真は、マッチェルモ村からゴーキョ村への様子
                       

場所:標高4600m
撮影者:浅原明男
             

今日も晴天の中、ゴーキョ村へ出発!:

今日の行程は、最終宿泊地ゴーキョ村へトレッキング。
宿泊地の高度は4700m。
富士山の標高より1000mも高い場所に宿泊。

高山病は大丈夫? 心配する人もいるでしょう・・・
大丈夫でしたよ。
トレッキング中の様子をご紹介。

まずは・・・



第一番目の湖の先で休憩しているところです。
景色がいいので、長めに休憩しているところ。
背後に見える白い山はチョーオーユー(8201m)


2番目にご紹介のするのは・・・



2番目の湖を過ぎて、3番目の湖に向っている時の写真です。
前方の山はゴーキョピーク(5400m)。
ここを訪れる人は、このピークを目指し、頂上からの大パノラマを堪能するんです。

3番目に紹介するのは・・・



3番目の湖(ドゥドゥポカリ)とチョーオーユーの眺めです。
湖のすぐ横には、ゴーキョ村のロッジがみえているでしょ!
私たちはここで滞在しました。

とっても綺麗な場所。一度訪れてみてください。



ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 



ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 22:28Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年12月16日

マッチェルモ村へ トレッキング

75歳のご婦人も登れましたよ !
              
誰もがあこがれるエベレストの見える丘へ
 
 
 
 年齢・体力よりも行きたいという気持ちがもっと大事!

本日ご紹介する写真は、ドーレ村からマッチェルモ村への様子
                       

場所:標高4100m
撮影者:浅原明男
             

晴天の中、マッチェルモ村へ出発!:

眩しい日差しの中、標高4400mのマッチェルモ村へトレッキング。
今年は、例年に比べ、この街道を歩く人が多い。





昨日宿泊したドーレ村も、外国人トレッカーで満員!
テントで宿泊している人の方が快適のようにも思えた。


朝8時、次の宿泊地マッチェルモ村へ出発、

まずは、100m程の登り。朝一番の登りは少し体に堪えるがとても爽やかだった。




登り切ると、そこにあるのは8201mの高峰チョーオーユー。
太陽の光を受けて、真っ白に輝く姿がとても印象だった。



4時間ほどゆっくり歩いて、マッチェルモ村へ到着。

すでにコックが昼食の準備をして、私たちの到着を待っていた。



ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 



ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 17:58Comments(1)ゴーキョトレッキング

2008年12月09日

チベット人バザール

75歳のご婦人も登れましたよ !
              
誰もがあこがれるエベレストの見える丘へ
 
 
 
 年齢・体力よりも行きたいという気持ちがもっと大事!

本日ご紹介する写真は、チベタンバザール
                       

場所:標高3400m
撮影者:浅原明男
             

今日はチベットバザール見学!:

ナムチェバザールでの滞在でぜひ一度は見てみたいのが、これ!

毎週土曜日に開かれる、バザール。
それはすごく楽しいイベント。
特に秋口は、チベット人商人もやってくる。

カトマンズよりも安く衣類等が買えるから
現地の人もついお財布のひもが緩くなってしまう。

今回訪れた時に、チベット人バザールへ足を運んできました。





彼らはもっぱらチベット語を使う。
時々カタコトのネパール語を話せるチベット人もいる。

ゴンカツレ(チベット語でいくら?)を使って交渉開始。

最後にはダライラマと声をかけると、ニッコリ笑ってくれる。
面白いバザールだから、是非この街道を歩くときによってみて!

チベット人が写っていない・・・  
実は何度も写真を撮ろうとお願いしたのだが、すべて拒否されてしまった。
だから一枚もご紹介できないのです。
写真撮影すると彼らにとってマイナスなことになるのかもしれません。

 ごめんなさい。





ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 



ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 21:21Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年12月01日

今日は散策! シャンボチェの丘へ

75歳のご婦人も登れましたよ !
              
誰もがあこがれるエベレストの見える丘へ
 
 
 
 年齢・体力よりも行きたいという気持ちがもっと大事!

本日ご紹介する写真は、シャンボチェの丘へ散策に。
                       

場所:標高3800m
撮影者:浅原明男
             

今日は高度順応日!:

昨日、ナムチェバザールまでやってきた。

これから、シャンボチェの丘まで高度順応の散策へ。
といっても楽しく歩くことが一番高度順応になる。

ゆっくり歩くのだが、同じペースで歩くのは、逆効果!
自分のペースで歩くことが一番効果あるのである。



シャンボチェの丘にやってくると、少しだが、リンドウ系の
高山植物が咲いていた。

空の色と同じ色。
つい見とれてしまい、一枚写真!




名峰、タムセルクやカンテガ、アマダブラム、タウッツェ、エベレスト、ローツェがよく見えた。

この風景に酔いしれた。



4時間ほどの散策だった。


ちょっぴり肌寒く感じたので、ロッジのダイニングで日向ぼっこ!

ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 



ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 15:06Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年11月06日

カトマンズへ到着!

今回も参加者全員が登った、ゴーキョドピーク(5480m) 
              
白き峰々が屹立する最高の展望地へ!
 
 75歳の女性が初めて、エベレストトレッキングをしました!
 
 体力に自信のない方も、ゴーキョピーク頂上に立てるんですよ! 

本日ご紹介する写真は、ホテルでウエルカム!

                       

場所:滞在先ホテルにて
撮影者:浅原明男
             

ホテルで歓迎!:

日本を出発して、現地時間でお昼過ぎ、私たちを乗せた飛行機が無事ヒマラヤの国
ネパールへ着いた。
ビザ申請、荷物の受け取り、税関申告と慌ただしく通過し、専用車で宿泊予定のホテルに。

今回はホテルのロビーで、歓迎の花の首飾りをいただいた。








明日からのトレッキングが楽しみである。
2時前にホテルに着いたので、これから部屋に入って休息である。

夕刻5時過ぎにレセプションで待ち合わせ。
ゆっくり市内を散歩してから日本食レストランで夕食。

早めの就寝がとても大事なのである。
日本とネパールでは、3時間15分の時差があり、意外と疲れる。


ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 

ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 16:26Comments(0)ゴーキョトレッキング

2008年11月06日

カトマンズ市内の様子!

今回も参加者全員が登った、ゴーキョドピーク(5480m) 
              
白き峰々が屹立する最高の展望地へ!
 
 75歳の女性が初めて、エベレストトレッキングをしました!
 
 体力に自信のない方も、ゴーキョピーク頂上に立てるんですよ! 

本日ご紹介する写真は、カトマンズ市内!

                       

場所:タヒティー周辺
撮影者:浅原明男
             

いつもと変わらない日常でした!:

カトマンズ市内の様子をご紹介!
2年前はいろいろと新聞記事に載るほど治安が悪かったカトマンズ市内も、今は平穏な毎日が続いていました。
ここは旧市街地のため、ネパール人の生活が垣間見れる場所です。







今回撮影した場所も、昔は投石などが行われ、多くのデモ隊と衝突したところです。

今はそんな痕跡もありませんが、近くにいた人から教えてもらいました。

シーズン真最中のネパールは、世界各地から多くのトレッカーが押し寄せています。
外国人がウジャウジャ!
ツーリストエリアに行けば、そのすごさがわかります。

一部の中級ホテルでは、宿泊が拒否されているとのことです。
ネパールが一番活気づいている秋でした。




ヒマラヤ専門ガイド 浅原明男が撮影しました。

 

ヒマラヤの中でも一番お勧めしたいランタン谷!
一度歩いてみてください。
ヒマラヤトレッキング専門のサパナ
  


Posted by メタボ at 10:54Comments(0)ゴーキョトレッキング